Artist

Spinna B-ILL Acoustic Set(NODATIN & SEAI)
シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。 「ライオンの子」でレゲエリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。 その後 Simply Redのギタリスト Kenji Jammer との活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL” として2枚のアルバムをリリース。 フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。 大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を得ている。 レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと 最早ジャンルの壁はない。 ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している理由だろう。 まさにOne&Onlyなシンガーである。
http://www.spinnab-ill.com


MOOMIN
「ジャパニーズ・レゲエ」という言葉すらなかった頃から、いち早くメジャーフィールドに切り込み、常にシーンを切り開いて来た第一人者。 レゲエにヒップホップやR&Bといったさまざまなジャンルを果敢に取り込みながら、最大の魅力であるトーンの高いスウィートな声質と美しいメロディーで、レゲエの枠を超えた幅広い層に指示され、人気・知名度共に日本最高峰のレゲエ・シンガーとしてその存在を確立している。2003年、レーベル移籍後の第一弾となるアルバム『Rise Again』をリリース。7月にはレゲエの本場・ジャマイカで開催された 'Sum Fest' にも出演した。デビュー10周年目となる2006年にはゴダイゴ、サザンオールスターズのカバーを含むオールカバーアルバム 「Adapt」、2007年には2年ぶりとなるオリジナルとしては通算8枚目となるフルアルバム「SOWAKA」をリリース。その後は怒濤のごとく、全国のレゲエ夏フェスをこなし、10月にはHOME GROWNを従えて熊本、大阪、名古屋、東京のワンマンツアーを敢行。同時にDJ BANAがミックスを担当したMIX-CD「MOOMIX」のリリース。2008年には通算9枚目となるニューアルバム「すばらしい世界」をリリース。2009年ポニーキャニオン・Knife Edgeレーベルへ移籍し、配信限定でリリースされた先行シングル「Day by Day feat. NG HEAD & YOUNGSHIM」はレゲエ専門モバイルサイト”Reggae Zion”にて年間ランキング1位を獲得した。 2010年には2年ぶりとなる通算10枚目のフルアルバム「Souls」をリリース。 2014年、オリジナルとしては4年振りとなる新曲「しあわせのかけら 〜Love Song〜」をiTunes,Reggae Zion等の各配信サイトにてリリース。 現在は2009年から始めているアコースティックスタイルでのライブや楽曲制作を精力的に行っている。
http://moomin.futureartist.net


1988年生まれ横須賀出身。アングラレゲエシーン育ちの筋金入りレゲエ ディージェイ。15歳にそのキャリアをスタートさせ、2007年18歳で「Road to 横浜レゲエ祭」にて史上最年少優勝。そこから活動の範囲は全国に拡大し、 翌年 1st Album「New Foundation」をリリースした。数々の現場を重ね、2010年には自身の進化を露にした2nd 「BLOC,TOWN,CITY」をリリース、2011年には師であり盟友RUDEBWOY FACEとの対決盤(!)「DEEJAY SHOWDOWN」をリリースし”レゲエど真ん中”のスタイルで話題を呼んだ。翌年2012年には3rd 「SCENARIO」をリリース。この作品でリスナー達を更に熱くさせ、RUEEDというシナリオへいざなう作品になった。2014年突如世に放たれたRUEED(Vo.)Ai Ishigaki(Gt.)Ju-Ken(Ba.)によるバ ンドプロジェクト「Derailers」ではRUEEDのまた新たな世界観と更なる可能性を感じる事が出来る。EP「Track"0"」をリリースし、同年末1st Album「A.R.T.」でメジャーデビュー、この新たな動きには今 後の期待が高まる一方である。そして2015年、2年半ぶりに満を持して4th Album「The Light」をリリース。多くの音源そして、真夜中のクラブからビックフェスまでリスナー達にブレないメッセージを発信し続ける。RUEEDの動向を見逃すな。
http://www.rueed.jp


日本人の父親と台湾人の母親から生を受け、 幼少の頃より音楽の道を志したJAMOSA。10歳の時に、マイケル・ジャクソンの『Dangerous Tour』の 公演にキッズ・コーラスとして参加。 2006年にメジャーデビュー。 2011年には、ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の主題歌として 「何かひとつ」をリリース。 世代を超えた応援ソングとして160万ダウンロードを記録し、 配信ランキングなどで複数1位を獲得。 性別や世代、ジャンルを超えて、 今もっとも共感を呼んでいるアーティスト。 簡単には行かない愛の現実を積み重ね、たどり着いた1つの答え。 自分は自分でしかないと言う事。ありのままの自分を肯定し、 素直に素顔のままで、前に進み歩んで行くことの大切さを気づかせてくれた。 様々な愛の形を歌う。JAMOSA渾身のNEW ALBUM。まもなく完成。
http://avex.jp/jamosa/




KING-K
大分県大分市出身のレゲエDeeJay(シンガー) 現在は活動拠点を東京に移し全国各地でliveを繰り返し日々進化中。 2004年Dr.Productionより7インチのアナログ版で"Give mi da light"をリリースを皮切りに 人気レゲエサウンドであるSUNSETのレーベルより"believe it"、暴れ馬レコードより"ありがとう"など、さまざまなレーベルから精力的にリリース。 また、2005年に地元九州大分のプロバスケットチームHEAT DEVILSのオフィシャル応援ソング"DEVIL'S RULE"をリリース。 その後もレコード、デジタル配信、コンピレーションアルバム、MIX CDなどに参加し、 2010年待ち焦がれたファーストアルバム 『LINK UP THROUGH THE SKY』をリリースする。 同アルバム内に地元大分を愛してやまない気持ちを詰め込んだ「respect 大分」や「DEVIL'S RULE」などの大分チューンも収録。 2015年に東京三軒茶屋にて早口DEEJAYのTAITANGと新レーベル「MANITA UP CITY」を始動させ、今後もド派手に活動予定。
http://www.manitaupcity.com/king-k/


Mahina Apple Band
福岡天神親不孝通りを代表するシンガーの一人、Mahina Appleが率いるダンスミュージックバンド。 ジャンルを越え、集まったメンバーによる異種格闘技よろしく踊れるグルーヴ、に乗った力強い歌声、メロディ、メッセージ。 Mahina Appleのソロ活動も並行しながら、"ainoiro e.p."(CD/2008)、同名アナログ"12(2009)、"LOVE LIVE LIFE"(CD/2011)に続き、2014年、フルアルバム"Hint"を遂にリリース。更に広がった表現の幅に、オーディエンスの評価もさらに高まっている。 2016年4月、デジタルオンリーでシングル"wantomore"リリース。


TOMOKA IKENAGA
1979年大分市生まれ。歯科衛生士専門学校卒業後、アパレル、美容師など絵とは無関係な仕事をしてきました。22歳で結婚、娘を出産、離婚を経てある時 娘が「ママは絵が上手だね」って褒めてくれました。その事がきっかけで色とりどり大好きな花の絵を描いてみようって思い立ち2年程前から絵を描き始めました。今は、美容室やカフェやバーなどのお店に飾らせてもらったり結婚式のウェルカムボードやプレゼントなどオーダーを頂いたりしています。私の絵を見て少しでも明るく前向きな気持ちになってくれる人がいれば嬉しく幸せです。


KEN TIN MIN
KEN TIN MIN 大分県出身- 中学生の時ギターを始めロックバンド結成。高校卒業後と同時に単身渡米。 ニューヨークで音楽活-動中にラップに出会いキャリアをスタート。 独 自の角度から放たれるリリックと、ジャンルにとらわれない楽曲センスを認められ、大-分県内外に留まらず、海外アーティストとフィーチャリングするなど精力的に活動。 2014年1月に大分県に根をはり活動する 音楽レーベル”SOLLIN' RECORDS”を設立。 同年4月にシングル”FxxK U便”を皮切りに6ヶ月連続で配信限定リリースを開始。 全曲、大分県で撮影、編集したミュージックビデオを動画サ イトにアップし 反響をよぶ。 2015年6月には自身初となるミニアルバム"THE 6 MONTH"を全国リリース! HMV、TOWER RECORDで発売中!
Twitter @ken_tin_min



SOLEX(ソレックス)
2015年秋に日出町在住のRYUJI(Gt&Vo)とJACK(Ba&Vo)が県内別バンドで活躍中だったMISSY(Gt)とKEIGO(Dr)とで結成。 オリジナルを中心としたロックンロールバンド、VoのRYUJI、BaのJACK、GtのMISSY、3人其々が作詞・作曲を手掛ける為、異なる世界観と音色が融合している。 結成から約半年、2016年3月にインディーズレーベル iguana recordsより1stEP「CAB LETTER」をリリース、以降県内のLIVEハウス等で精力的に活動している。
https://www.facebook.com/solexjapan


カスタムショップFreeWayにて、唯一無二のバイクを創り上げる事を生業としているB.Jとfondaを中心に数年前に結成。 そんなB.Jが奏でる音楽は、他のバンドが真似出来ない独特の世界観を持ち、ライブに来た人々の心に静かなる灯を放つ。 大分市のライブハウスを中心に、バンドスタイルとB.Jソロによるアコースティックスタイルでライブを行なっている。


SUNLINE
大分県佐賀関産 2006年SKB(MC&SEL)により始動。毎日のように海を眺めていた頃『俺もこの大海原を渡り歩くような寛大な男になる』と決意。REGGEAのSOUNDMANを志すようになった。今年で10周年を迎える豊後早吸ノ瀬戸のラガマフィン。佐賀関の荒波できたわれた関アジ関サバのような新鮮な選曲からクロメのような粘りのあるDEEPなところまでalmightyに攻めるplayには定評がある。常に現場を見て、その場に合わせた選曲、MCで数々のBIG DANCEをROCKしている。レゲエの本場JAMAICAにも足を運びUP TOWNからDOWN TOWNのDANCEを自分自身の耳、体で体感しその感覚、経験を生かしたSOUNDでREALなJAMAICAを体感できることは間違いない。レゲエで繋がり、レゲエで遊び、レゲエを愛する!!是非、SUNLINEのMAAAAAAAAAADなplayをご賞味ください♪


CENTURY SOUND
それぞれの活動を経て、2007年CENTURY SOUND結成。バイブス溢れるMCと、BrandNew、Foundation、Dubplateまで幅広いセレクションで、地元大分を拠点に県内外で精力的に活動中。ジョグリンはもちろんのこと、過去には福岡、大阪にて行われたSOUND CLASHにエントリーし、独特のプレースタイルで会場を盛り上げて来た。 2013年に始めた偶数月第4土曜日開催のレギュラーダンス"Born&Grow"は、県外からゲストを招き、地元大分の鉄板ダンスとして毎回好評開催中。また、2014年に発売したALL DUB MIXは日本全国各方面から高評価を得ており、今後の動きにも目が離せない九州、大分の要注目SOUNDである。


DJ NIWA
1977年生まれ。 1990年代中頃から独自のシステムでDJのキャリアをスタート。 ジャンルにはとくに何のこだわりもなく、50'sRockやAcid Jazz、Funk、Drum'n'Bass、House、HipHopなど、耳にする音楽全てを愛し聴き漁っていたが、CLUB JAZZ流行と共に軸となるプレイスタイルを確立、クラブ、カフェ、バー、または美術館など・・・、ありとあらゆる場所でプレイし、2000年代初頭から国内外のゲストDJのサポートを数多く務める。後に、2004年からレギュラーイベント【Link a notes】を立ち上げ2010年のFINALまで、6年間に渡り成功を収めている。 現在は年一回開催する【PYRAMID】を主催し、大分市内のライブハウスやクラブ等でプレイする傍ら、自身の経営する【LEAP】を拠点にさらに精力的に活動を続けている。


総合MC : 椎 茸男

0 コメント:

コメントを投稿

Movie




Map


Lodging